循環器だより

「DWIBS」ドゥイブス検査について

「DWIBS」ドゥイブス検査について

ドゥイブスとは、MRIの高性能化によって可能となった「全身のがん検査」です。
ドゥイブス検査は、薬剤投与を要せず、被ばくを伴わず、また、糖尿病の方にも安心して受けていただくことが可能ながんの全身検査として情報番組に取り上げられ、昨今、非常に注目されています。
撮影はMRIを使用し、検査時間は30分から40分程度です。造影剤を使用せず被ばくもないので、検査後すぐ通常に生活していただけます。

がんを検出する検査としてはPET-CT検査が一般的に知られていますが、診療とは違い健康維持目的のためには、人間ドックでは、ドゥイブス検査のように被ばくをせず、薬剤を使用せず、人体にダメージを与えず定期的に精査することが大切になります。

ドゥイブスとPET-CTを比較してみました。

      ドゥイブス    PET-CT         
被ばく    なし       注射液と放射線の二重被ばく
                            
注射     なし       検査薬を静脈注射

食事制限   なし       検査前絶食やインスリン制御

検査時間   約30分~40分  注射を含め約3時間

検査後処理  なし       放射線値が下がるまで待機

糖尿病患者  検査可      検査できない場合がある

神戸循環器クリニックでは、プラチナドックとファーストクラスドックでドゥイブス検査を実施しております。
ご質問等ございましたら、お電話、メールで何なりとお問い合わせ下さい。