DWIBS(ドゥイブス)

がん検査の新しい技術
DWIBS(ドゥイブス)

DWIBS(ドゥイブス)

がんは日本人の死因で一番多く、その割合は年々増加しています。また、発見が遅れるほど治る確率は低くなり、早めに治療をしても再発する可能性もある、というやっかいな病気です。

がんに対する治療技術の研究も進んできましたが、やはり「早期発見」「早期治療」が一番重要です。ファーストクラスドックでは、MRIを使用した「がん」を発見する新しい検査技術として「DWIBS(ドゥイブス)」を導入しました。DWIBS(Diffusion-weighted Whole body Imaging with Background body signal)は、2004年に東海大学の高原先生らが考案された日本発祥の撮影方法で、エックス線を使用せずに被ばくゼロで頚部から骨盤までの、全身撮影を行えるがん検診スクリーニングを可能とした撮影方法です。

当院では、既存の人間ドックで行っていた胸腹部CT、頭部・心臓・肝胆膵(MRCP)・下腹部MRI、甲状腺・頚動脈・心臓・腹部US(エコー検査)、数種類の腫瘍マーカを含めた血液検査、便潜血、ABCDE検査などに加えて、本ドックからがんの検出率向上を図る目的として全身がん検索MRI;DWIBSを加えることに致しました。

DWIBS(ドゥイブス)による
全身のがん検査

DWIBS(ドゥイブス)

「DWIBS」とは、MRIの高性能化によって可能となった「全身のがん検査」です。

先行の「全身のがん検査」としてPET-CTがあります。ほとんどの悪性腫瘍(がん)は、エネルギー代謝(糖代謝)が高いことに着目し18Fで標識されたブドウ糖類似薬剤であるFDGを体内に投与することで、悪性腫瘍の診断に有用であることが1980年に報告されました。その後、全身がん検査として行われています。

一方DWIBSは、PET-CTの原理とは異なり薬剤を用いずMR原理を巧みに使ってがん検索を可能としています。通常のMRIの信号源はH(水素)プロトンからなる水と脂肪になります。MRI内(大きな磁石の中)で人体に電磁波を照射することで、体内から発生する微弱な信号をコイルと呼ばれる受信機で読み取り画像化されます。撮像された画像は電磁波の照射パターンによって組織特有の色調となって描出されます。DWIBSは、脂肪信号を均一に抑制しながら水が白く描出される電磁波の照射パターンにMPG(Motion Probing Gradient)と呼ばれる特別な磁場を与えることで悪性腫瘍に多い特徴(細胞数の増加により細胞間が密になっている部位)を画像化することが可能となりました。

本法は、PET-CTとは異なり薬剤投与を要せず、被ばくを伴わず、また、糖尿病の方でも安心して受けて頂くことが可能ながんの全身検索検査として注目・実施されています。

DWIBSによる
予期せぬがんの検出

DWIBS(ドゥイブス)による診断結果

DWIBSは「新しい診断機器の検診への応用とこれらを用いた診断精度の向上に関する研究」によると全身の予期せぬがんを検出できる可能性が見いだされています※。
また、本撮像法は放射線被ばくがなく、造影剤投与も不要であるため定期的な検査が可能です。

DWIBSの実施にあたっては、まず、MRIを使用するため体内にペースメーカなどの装置や金属などが挿入されている方には施行できない場合や一部描出不良が起こる場合もあります。
撮影時間は体格にもよりますが30-40分程度です。

DWIBSで描出されやすいがんとしては肺がん、乳がん、大腸がん、腎臓がん、膀胱がん、前立腺がんになります。これらはPET-CTと同等もしくは同等以上の検出率と言われています。

本撮影の特徴としてリンパ節や脾臓などの一部の正常構造物が描出されますが、基本的に背景信号を抑制された画像になります。
そこで当院では、胸腹部CT画像と対比させながらDWIBSの信号を解釈することでがんの検出率向上に努めています。

引用:厚生労働科学研究費補助金(第3次対がん総合戦略研究事業)総括研究報告書

DWIBSとPET-CTの比較

  DWIBS PET-CT
被ばく

なし

注射薬と放射線の2重被ばく

注射

なし

検査薬を静脈注射

食事制限

なし

検査前絶食やインスリン制限

検査時間

約30分

注射を含め約3時間

検査後処置

なし

放射能が下がるまで待機

糖尿病患者

検査可

検査できない場合がある

DWIBSとPET-CTのがん検出比較

※ がん死亡順位 DWIBS PET-CT

大腸

腎臓

肝臓

胆嚢・胆管

乳房

悪性リンパ腫

前立腺

食道

膀胱

×

可能
不向き
×
不可能

関連する人間ドックコース